• ホーム
  • 媚薬の薬名と副作用の皮膚疾患

媚薬の薬名と副作用の皮膚疾患

両手を広げる男性

媚薬の薬名はとくに定められていませんが、成分としてはカフェインや朝鮮人参、スッポンなどを用いたものが多いので、アルギニンやアミノ酸の一種になります。
またスプレータイプの媚薬を用いた場合には、刺激によって皮膚疾患を悪化させる可能性もあるので、最初は狭い範囲にスプレーして、症状が出なければ胸や首筋にスプレーするようにします。
飲むタイプの媚薬は、女性がアレルギー体質の場合には、皮膚が赤くなるなどの症状がでる可能性もありますが、健康食品に分類されるものが多いので、深刻な副作用の心配はありません。
蕁麻疹などはアレルギー体質の人は、疲れがたまると出やすいので、疲れている女性に無理やりアルコールを飲ませたり、媚薬を飲ませるなどすると皮膚疾患のリスクが高まります。
蕁麻疹などの症状が出た場合には、かゆみ止めなどの市販薬をぬると短時間で症状が収まりますが、耳の奥がかゆくなったり、口の中がかゆい場合には、医療機関を受診して抗アレルギー薬を投与してもらう必要があります。
カフェインとアルギニン、アルコールを同時に摂取すると覚醒作用が非常に強くなるので、女性の性欲を高める可能性がありますが、実際にはセックス中のスキンシップなどが重要なので、性行為の前の性欲はあまり重要ではありません。
男性の場合は性欲を感じないと勃起しにくくなるので、重要視されますが、女性の場合は、性行為の最中にリラックスをして血流が良くなることで性欲を感じ始めるので、媚薬を用いてデートの最中から盛り上げる必要はありません。
オキシトシンを用いる場合には、タイミングを見計らって胸や首筋にスプレーするのが効果的で、親密感が増すことで、女性がリラックスしてセックスできるようになります。

人気記事一覧